J-Education Top > 小学校学習指導要領 > 第6節 音楽 >  第2 各学年の目標及び内容〔第3学年及び第4学年〕

第2 各学年の目標及び内容〔第3学年及び第4学年〕

  1. 目標
    1. 進んで音楽にかかわり,音楽活動への意欲を高め,音楽経験を生かして生活を明るく潤いのあるものにする態度と習慣を育てる。
    2. 旋律に重点を置いた活動を通して,基礎的な表現の能力を伸ばし,音楽表現の楽しさを感じ取るようにする。
    3. 音楽の美しさを感じ取って聴き,様々な音楽に親しむようにする。
  2. 内容
    1. 表現
      1. 音楽を聴いたり楽譜を見たりして演奏できるようにする。
        1. 範唱や範奏を聴いて演奏すること。
        2. ハ長調の旋律を視唱したり視奏したりすること。
      2. 曲想や音楽を特徴付けている要素を感じ取って,工夫して表現できるようにする。
        1. 歌詞の内容にふさわしい表現の仕方を工夫すること。
        2. 拍の流れやフレーズ,強弱や速度の変化を感じ取って,演奏したり身体表現をしたりすること。
      3. 歌い方や楽器の演奏の仕方を身に付けるようにする。
        1. 呼吸及び発音の仕方に気を付けて,自然で無理のない声で歌うこと。
        2. 音色に気を付けて,旋律楽器及び打楽器を演奏すること。
        3. 拍の流れやフレーズ,強弱や速度の変化を感じ取って,演奏したり身体表現をしたりすること。
      4. 音楽をつくって表現できるようにする。
        1. 音の組合せを工夫し,簡単なリズムや旋律をつくって表現すること。
        2. 即興的に音を選んで表現し,いろいろな音の響きやその組合せを楽しむこと。
      5. 表現教材は次に示すものを取り扱う。
        1. 主となる歌唱教材については,各学年ともりの共通教材の中の3曲を含めて,斉唱及び簡単な合唱で歌う楽曲
        2. 主となる器楽教材については,既習の歌唱教材を含めて,簡単な重奏や合奏にした楽曲
        3. 共通教材
          〔第3学年〕
          「うさぎ」(日本古謡)
          「茶つみ」(文部省唱歌)
          「春の小川」(文部省唱歌)高野辰之作詞 岡野貞一作曲
          「ふじ山」(文部省唱歌)巌谷小波(いわやさぎなみ)作詞
          〔第4学年〕
          「さくらさくら」(日本古謡)
          「とんび」葛原(くすはら)しげる作詞 梁田貞(やなだただし)作曲
          「まきばの朝」(文部省唱歌) 船橋栄吉(ふなばしえいきち)作曲
          「もみじ」(文部省唱歌)高野辰之作詞 岡野貞一作曲
    2. 鑑賞
      1. 音楽を聴いてそのよさや美しさを感じ取るようにする。
        1. 曲想の変化を感じ取って聴くこと。
        2. 主な旋律の反復や変化,副次的な旋律,音楽を特徴付けている要素に気を付けて聴くこと。
        3. 楽器の音色及び人の声の特徴に気を付けて聴くこと。また,それらの音や声の組合せを感じ取って聴くこと。
      2. 鑑賞教材は次に示すものを取り扱う。
        1. 音楽の要素及び音色の特徴を感じ取り,聴く楽しさを得やすい楽曲
        2. 劇の音楽,管弦楽の音楽,郷土の音楽,人々に長く親しまれている音楽など,いろいろな種類の楽曲
        3. 独奏,合奏を含めたいろいろな演奏形態による楽曲

個別ページ

カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

サイトMENU

Copyright (C) 2006 J-Education.net. All Rights Reserved.