J-Education Top > 小学校学習指導要領 > 第6節 音楽 >  第3 指導計画の作成と各学年にわたる内容の取扱い

第3 指導計画の作成と各学年にわたる内容の取扱い

  1. 指導計画の作成に当たっては,次の事項に配慮するものとする。
    1. 第2の各学年の内容の「A表現」と「B鑑賞」との指導の関連を図るようにするとともに,それぞれに示す各事項の指導についても,相互に関連をもたせるようにすること。
    2. 第2の第5学年及び第6学年の内容の「A表現」の指導に当たっては,学校や児童の実態等に応じて,合唱や合奏,重唱や重奏などの表現形態を選んで学習できるようにすること。
    3. 国歌「君が代」は,いずれの学年においても指導すること。
    4. 低学年においては,生活科などとの関連を図り,指導の効果を高めるようにすること。
  2. 第2の内容の取扱いについては,次の事項に配慮するものとする。
    1. 歌唱の指導における階名唱については,移動ド唱法を原則とすること。
    2. 和音及び和声の指導については,合唱や合奏の活動を通して和音のもつ表情を感じ取ることができるようにすること。また,長調及び短調の楽曲においては,�T,�T�X,�X及びV7を中心に指導すること。
    3. 各学年の「A表現」の(3)の楽器については,次のとおり取り扱うこと。
      1. 各学年で取り上げる打楽器は,木琴,鉄琴,我が国や諸外国に伝わる様々な楽器を含めて,演奏の効果,学校や児童の実態を考慮して選択すること。
      2. 第1学年及び第2学年で取り上げる身近な楽器は,様々な打楽器,オルガン,ハーモニカなどの中から児童の実態を考慮して選択すること。
      3. 第3学年及び第4学年で取り上げる旋律楽器は,既習の楽器を含めて,リコーダーや鍵(けん)盤楽器などの中から児童の実態を考慮して選択すること。
      4. 第5学年及び第6学年で取り上げる旋律楽器は,既習の楽器を含めて,電子楽器,我が国や諸外国に伝わる楽器などの中から児童の実態に応じて選択すること。
    4. 各学年の「A表現」の(4)に示す事項については,児童が個性的な発想を生かした表現を工夫し,様々な響きを直接経験するようにすること。また,必要に応じて記譜の指導をすること。
    5. 音符,休符,記号などについては,次に示すものを,児童の学習状況を考慮して,表現及び鑑賞の活動を通して指導すること。 音楽記号
    6. 歌唱教材については,共通教材のほか,長い間親しまれてきた唱歌,それぞれの地方に伝承されているわらべうたや民謡など日本のうたを取り上げるようにすること。

個別ページ

カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

サイトMENU

Copyright (C) 2006 J-Education.net. All Rights Reserved.