J-Education Top > 小学校学習指導要領 > 第4節 理科 >  第2 各学年の目標及び内容〔第3学年〕

第2 各学年の目標及び内容〔第3学年〕

  1. 目標
    1. 身近に見られる動物や植物を比較しながら調べ,見いだした問題を興味・関心をもって追究する活動を通して,生物を愛護する態度を育てるとともに,生物の成長のきまりや体のつくり,生物同士のかかわりについての見方や考え方を養う。
    2. 光,電気及び磁石を働かせたときの現象を比較しながら調べ,見いだした問題を興味・関心をもって追究したりものづくりをしたりする活動を通して,光,電気及び磁石の性質についての見方や考え方を養う。
    3. 日なたと日陰の地面を比較しながら調べ,見いだした問題を興味・関心をもって追究する活動を通して,太陽と地面の様子との関係についての見方や考え方を養う。
  2. 内容
    1. 生物とその環境
      1. 身近な昆虫や植物を探したり育てたりして,成長の過程や体のつくりを調べ,それらの成長のきまりや体のつくり及び昆虫と植物とのかかわりについての考えをもつようにする。
        1. 昆虫の育ち方には一定の順序があり,その体は頭,胸及び腹からできていること。
        2. 植物の育ち方には一定の順序があり,その休は根,茎及び葉からできていること。
        3. 昆虫には植物を食べたり,それをすみかにしたりして生きているものがいること。
    2. 物質とエネルギー
      1. 鏡などを使い,光の進み方や物に光が当たったときの明るさや暖かさを調べ,光の性質についての考えをもつようにする。
        1. 日光は集めたり反射させたりできること。
        2. 物に日光を当てると,物の明るさや暖かさが変わること。
      2. 乾電池に豆電球などをつなぎ,電気を通すつなぎ方や電気を通す物を調べ,電気の回路についての考えをもつようにする。
        1. 電気を通すつなぎ方と通さないつなぎ方があること。
        2. 電気を通す物と通さない物があること。
      3. 磁石を使い,磁石に付く物や磁石の働きを調べ,磁石の性質についての考えをもつようにする。
        1. 物には,磁石に引き付けられる物と引き付けられない物があること。また,磁石に引き付けられる物には,磁石に付けると磁石になる物があること。
        2. 磁石の異極は引き合い,同極は退け合うこと。
    3. 地球と宇宙
      1. 日陰の位置の変化や,日なたと日陰の地面の様子を調べ,太陽と地面の様子との関係についての考えをもつようにする。
        1. 日陰は太陽の光を遮るとでき,日陰の位置は太陽の動きによって変わること。
        2. 地面は太陽によって暖められ,日なたと日陰では地面の暖かさや湿り気に違いがあること。
  3. 内容の取扱い
    1. 内容の「A生物とその環境」の(1)については,次のとおり取り扱うものとする。
      1. ア及びイについては,飼育,栽培を通して行うこと。また,昆虫及び植物については,それぞれ,2種類又は3種類扱うこと。
      2. アについては,幼虫の体のつくりは扱わないこと。また,成虫の体のつくりを調べるとき,人の目などの感覚器官と対比して扱うようにすること。
      3. イの「植物の育ち方」については,夏生一年生の双子菓植物のみを扱うこと。
    2. 内容の「B物質とエネルギー」の指導に当たっては,3種類程度のものづくりを行うものとする。
    3. 内容の「C地球と宇宙」の(1)のアの「太陽の動き」については,太陽が東から西に動くことを取り扱うものとする。また,太陽の動きを調べるときの方位は東,西,南,北にとどめるものとする。

個別ページ

カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

サイトMENU

Copyright (C) 2006 J-Education.net. All Rights Reserved.