J-Education Top > 小学校学習指導要領 > 第3節 算数 >  第2 各学年の目標及び内容〔第1学年〕

第2 各学年の目標及び内容〔第1学年〕

  1. 目 標
    1. 具体物を用いた活動などを通して,数についての感覚を豊かにする。数の意味や表し方について理解できるようにするとともに,加法及び減法の意味について理解し,それらの計算の仕方を考え,用いることができるようにする。
    2. 具体物を用いた活動などを通して,量とその測定についての理解の基礎となる経験を重ね,量の大きさについての感覚を豊かにする。
    3. 具体物を用いた活動などを通して,図形についての理解の基礎となる経験を重ね,図形についての感覚を豊かにする。
  2. 内容
    1. 数と計算
      1. ものの個数を数えることなどの活動を通して,数の意味について理解し,数を用いることができるようにする。
        1. 対応などの操作によって,ものの個数を比べること。
        2. 個数や順番を正しく数えたり表したりすること。
        3. 数の大小及び順序を考えることによって,数の系列を作ったり,数直線の上に表したりすること。
        4. ーつの数をほかの数の和や差としてみるなど,ほかの数と関係付けてみること。
        5. 100までの数について,その表し方と意味を理解すること。
      2. 加法及び減法の意味について理解し,それらを用いることができるようにする。
        1. 加法及び減法が用いられる場合について知り,それらを式で表したり,その式をよんだりすること。
        2. 1位数と1位数との加法及びその逆の減法の計算の仕方を考え,その計算が確実にできること。
      3. 具体的な事物について,まとめて数えたり等分したりし,それを整理して表すことができるようにする。
    2. 量と測定
      1. ものの長さを比較することなどの活動を通して,量とその測定についての理解の基礎となる経験を豊かにする。
        1. 長さを直接比べること。
        2. 身近にあるものの長さを単位として,その幾つ分かで長さを比べること。
    3. 図形
      1. 身近な立体についての観察や構成などの活動を通して,図形についての理解の基礎となる経験を豊かにする。
        1. ものの形を認めたり,形の特徴をとらえたりすること。
        2. 前後,左右,上下などの方向や位置に関する言葉を正しく用いて,ものの位置を言い表すこと。
    4. 〔用語・記号〕
      一のくらい 十のくらい + −

個別ページ

カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

サイトMENU

Copyright (C) 2006 J-Education.net. All Rights Reserved.