J-Education Top > 小学校学習指導要領 > 第3節 算数 >  第2各学年の目標及び内容〔第3学年〕

第2各学年の目標及び内容〔第3学年〕

  1. 目標
    1. 加法及び減法を適切に用いることができるようにするとともに,乗法についての理解を深め,適切に用いることができるようにする。また,除法の意味について理解し,その計算の仕方を考え,用いることができるようにする。
    2. かさ,重さや時間などの単位や測定について理解できるようにする。
    3. 図形を構成する要素に着目して,基本的な図形について理解できるようにする。
    4. 資料を整理して表やグラフに表したり用いたりすることができるようにし,それらの有用さが分かるようにする。
  2. 内容
    1. 数と計算
      1. 数の表し方についての理解を深め,数を用いる能力を伸ばす。
        1. 万の単位について知ること。
        2. 10倍,100倍したり10で割ったりした大きさの数及びその表し方について知ること。
        3. 数の相対的な大きさについての理解を深めること。
      2. 加法及び減法の計算が確実にできるようにし,それらを適切に用いる能力を伸ばす。
        1. 3位数の加法及び減法の計算の仕方を考え,それらの計算が2位数などについての基本的な計算を基にしてできることを理解すること。また,それらの筆算の仕方について理解すること。
        2. 加法及び減法の計算が確実にでき,それらを適切に用いること。
        3. 加法及び減法に関して成り立つ性質を調べ,それを計算の仕方を考えたり計算の確かめをしたりすることに生かすこと。
      3. 乗法についての理解を深め,その計算が確実にできるようにし,それを適切に用いる能力を伸ばす。
        1. 2位数や3位数に1位数をかけたり,2位数に2位数をかけたりする乗法の計算の仕方を考え,それらの計算が乗法九九などの基本的な計算を基にしてできることを理解すること。また,その筆算の仕方について理解すること。
        2. 乗法の計算が確実にでき,それを適切に用いること。
        3. 乗法に関して成り立つ性質を調べ,それを計算の仕方を考えたり計算の確かめをしたりすることに生かすこと。
      4. 除法の意味について理解し,それを用いることができるようにする。
        1. 除法が用いられる場合について知り,それを式で表したり,その式をよんだりすること。また,余りの意味について理解すること。
        2. 除法と乗法や減法との関係について理解すること。
        3. 除数と商が共に1位数である除法の計算が確実にできること。
      5. そろばんによる数の表し方について知り,そろばんを用いて簡単な加法及び減法の計算ができるようにする。
        1. そろばんによる数の表し方について知ること。
        2. 加法及び減法の計算の仕方について知ること。
    2. 量と測定
      1. 長さ,かさ,重さについて理解し,簡単な場合について,それらの測定ができるようにする。
        1. 長さの単位(キロメートル(km))について知ること。
        2. かさ,重さについて単位と測定の意味を理解すること。
        3. かさの単位(リットル(1))について知ること。
        4. 重さの単位(グラム(g))について知ること。
      2. 長さなどについて,およその見当をつけたり,目的に応じて単位や計器を適切に選んで測定したりできるようにする。
      3. 時間について理解できるようにする。
        1. 日,時,分及び秒について知り,それらの関係を理解すること。
        2. 簡単な場合について,必要な時刻や時間を求めること。
    3. 図形
      1. ものの形についての観察や構成などの活動を通して,基本的な図形について理解できるようにする。
        1. 箱の形をしたものを観察したり作ったりすることを通して,図形を構成する要素について知ること.。
        2. 図形を構成する要素に着目して,正方形,長方形,直角三角形について知り,それらをかいたり,作ったり,平面上で敷き詰めたりすること。
    4. 数量関係
      1. 資料を表やグラフで分かりやすく表したり,それらをよんだりすることができるようにする。
        1. 日時,場所などの簡単な観点から分類したり,整理して表にまとめたりすること。
        2. 棒グラフのよみ方及びかき方について知ること。
    5. 〔用語・記号〕
      等号 直角 ÷
  3. 内容の取扱い
    1. 内容の「A数と計算」の(2)及び(3)については,簡単な計算は暗算でできるよう配慮するものとする。また,暗算を筆算や見積りに生かすよう配慮するものとする。
    2. 内容の「A数と計算」の(2)のウについては,交換法則や結合法則,加法と減法の相互関係を取り扱うものとする。
    3. 内容の「A数と計算」の(3)については,乗数又は被乗数が0の場合の計算についても取り扱うものとする。
    4. 内容の「A数と計算」の(3)のウについては,交換法則,結合法則や分配法則を取り扱うものとする。
    5. 内容の「B量と測定」の(1)のウについては,ミリリットル(ml)及びデシリットル(dl)の単位についても簡単に取り扱うものとする。
    6. 内容の「B量と測定」の(1)のエについては,キログラム(kg)の単位についても簡単に取り扱うものとする。

個別ページ

カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

サイトMENU

Copyright (C) 2006 J-Education.net. All Rights Reserved.