J-Education Top > 小学校学習指導要領 > 第3節 算数 >  第2各学年の目標及び内容〔第4学年〕

第2各学年の目標及び内容〔第4学年〕

  1. 目標
    1. 除法についての理解を深め,適切に用いることができるようにする。また,小数及び分数の意味や表し方について理解できるようにするとともに,小数の加法及び減法の意味について理解し,それらの計算の仕方を考え,適切に用いることができるようにする。
    2. 面積の意味について理解し,簡単な平面図形の面積を求めることができるようにするとともに,角の大きさの意味について理解できるようにする。
    3. 図形を構成する要素に着目して,基本的な図形についての理解を深めることができるようにする。
    4. 数量やその関係を式やグラフを用いて表したり考察したりすることができるようにするとともに,目的に応じて依存関係を調べたり分類整理したりすることができるようにする。
  2. 内容
    1. 数と計算
      1. 整数が十進位取り記数法によって表されていることについての理解を一層深める。
        1. 億,兆の単位について知り,十進位取り記数法についてまとめること。
      2. 概数について理解し,目的に応じて用いることができるようにする。
        1. 概数が用いられる場合について知ること。
        2. 四捨五入について理解すること。
      3. 整数の除法についての理解を深め,その計算が確実にできるようにし,それを適切に用いる能力を伸ばす。
        1. 除数が1位数や2位数で被除数が2位数や3位数の場合の計算の仕方を考え,それらの計算が基本的な計算を基にしてできることを理解すること。また,その筆算の仕方について理解すること。
        2. 除法の計算が確実にでき,それを適切に用いること。
        3. 除法について,被除数,除数,商及び余りの間の関係を調べ,次の式にまとめること。

          (被除数)=(除数)×(商)+(余り)
        4. 除法に関して成り立つ性質を調べ,それを計算の仕方を考えたり計算の確かめをしたりすることに生かすこと。
      4. 小数の意味とその表し方について理解するとともに,小数の加法及び減法の意味について理解し,それらを用いることができるようにする。
        1. 端数部分の大きさを表すのに小数を用いること。また,小数の表し方及び1/10の位について知ること。
        2. 小数が整数と同じ仕組みで表されていることを知るとともに,数の相対的な大きさについての理解を深めること。
        3. 1/10の位までの小数の加法及び減法の計算の仕方を考え,それらの計算ができること。
      5. 分数の意味とその表し方について理解できるようにする。
        1. 端数部分の大きさや等分してできる部分の大きさなどを表すのに分数を用いること。また,分数の表し方について知ること。
        2. 分数は,単位分数の幾つ分かで表せることを知ること。
    2. 量と測定
      1. 面積の意味について理解し,簡単な場合について,面積を求めることができるようにする。
        1. 面積について単位と測定の意味を理解すること。
        2. 面積の単位(平方センチメートル(cm2))について知ること。
        3. 正方形及び長方形の面積の求め方を考え,それらを用いること。
      2. 角の大きさについて理解し,それを測定することができるようにする。
        1. 角の大きさを回転の大きさとしてとらえ,その単位と測定の意味について理解すること。
        2. 角の大きさの単位(度(°))について知ること。
    3. 図形
      1. 図形についての観察や構成などの活動を通して,基本的な図形についての理解を深める。
        1. 図形を構成する要素に着目して,二等辺三角形,正三角形について知り,それらをかいたり,作ったり,平面上で敷き詰めたりすること。
        2. 基本的な図形と関連して角について知ること。
        3. 円について中心,直径及び半径を知り,円をかいたり作ったりすること。また,円に関連して球についても直径などを知ること。
    4. 数量関係
      1. 伴って変わる二つの数量について,それらの関係を表したり調べたりすることができるようにする。
        1. 簡単な場合について,対応させる数量を考えたり,値の組を表などに表したりして関係を調べること。
        2. 変化の様子を折れ線グラフに表したり,それから変化の特徴をよみとったりすること。
      2. 数量の関係を式で簡潔に表したり,それをよんだりすることができるようにする。
        1. 四則の混合した式や()を用いた式について理解し,正しく計算すること。
        2. 公式についての考え方を理解し,公式を用いること。
      3. 目的に応じて資料を集め,分類整理したり,特徴を調べたりすることができるようにする。
        1. ニつの事柄に関して起こる場合について調べること。
        2. 資料の落ちや重なりについて調べること。
        3. 資料を折れ線グラフに表したり,グラフから特徴や傾向を調べたりすること。
    5. 〔用語・記号〕
      和 差 積 商 整数 数直線 小数点 分母 分子 帯分数 真分数 仮分数
  3. 内容の取扱い
    • けた
      1. 内容の「A数と計算」の(1)については,大きな数を表す際に,3桁ごとに区切りを用いる場合があることに触れるものとする。
      2. 内容の「A数と計算」の(3)については,簡単な計算は暗算でできるよう配慮するものとする。
      3. 内容の「A数と計算」の(3)のエについては,除数及び被除数に同じ数をかけても,同じ数で割っても商は変わらないという性質を取り扱うものとする。
      4. 内容の「B量と測定」の(1)のイについては,平方メートル(m2)及び平方キロメートル(km2)の単位についても簡単に取り扱うものとする。

個別ページ

カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

サイトMENU

Copyright (C) 2006 J-Education.net. All Rights Reserved.