J-Education Top > 小学校学習指導要領 > 第3節 算数 >  第2各学年の目標及び内容〔第5学年〕

第2各学年の目標及び内容〔第5学年〕

  1. 目標
    1. 小数及び分数の意味や表し方についての理解を深める。また,小数の乗法及び除法の意味について理解し,それらの計算の仕方を考え,適切に用いることができるようにするとともに,分数の加法及び減法の意味について理解し,それらの計算の仕方を考え,用いることができるようにする。
    2. 面積の求め方についての理解を深めるとともに,基本的な平面図形の面積を求めることができるようにする。
    3. 図形を構成要素及びそれらの位置関係に着目して考察し,基本的な平面図形についての理解を一層深めることができるようにする。
    4. 百分率や円グラフを用いるなど,統計的に考察することができるようにするとともに,数量の関係を式で表したり,式をよんだり,その関係を調べたりすることができるようにする。
  2. 内容
    1. 数と計算
      1. 整数の性質についての理解を深める。
        1. 整数は,観点を決めると偶数,奇数に類別されることを知ること。
      2. 記数法の考えを通して整数及び小数についての理解を深め,それを計算などに有効に用いることができるようにする。
        1. 10倍,100倍,去,志などの大きさの数をつくり・それらの関係を調べること。
      3. 小数の乗法及び除法の意味について理解し,それらを適切に用いることができるようにする。
        1. 乗数や除数が整数である場合の乗法及び除法の意味について理解すること。
        2. 乗数や除数が整数の場合の計算の考え方を基にして,乗数や除数が小数である場合の乗法及び除法の意味について理解すること。
        3. 小数の乗法及び除法の計算の仕方を考え,それらの計算ができること。また,余りの大きさについて理解すること。
      4. 分数についての理解を深めるとともに,同分母の分数の加法及び減法の意味について理解し,それらを適切に用いることができるようにする。
        1. 簡単な場合について,大きさの等しい分数があることに着目すること。
        2. 整数及び小数を分数の形に直したり,分数を小数で表したりすること。
        3. 整数の除法の結果は,分数を用いると常に一つの数として表すことができることを理解すること。
        4. 同分母の分数の加法及び減法の計算の仕方を考え,それらの計算ができること。
      5. 概数についての理解を深める。
        1. 目的に応じて,和,差を概数で見積もることができること。
    2. 量と測定
      1. 基本的な平面図形の面積が計算で求められることの理解を深め,面積を求めることができるようにする。
        1. 三角形及び平行四辺形の面積の求め方を考え,それらを用いること。
        2. 円の面積の求め方を考え,それを用いること。
    3. 図形
      1. 図形についての観察や構成などの活動を通して,基本的な平面図形についての理解を一層深めるとともに,図形の構成要素及びそれらの位置関係に着目して考察できるようにする。
        1. 直線の平行や垂直の関係について理解すること。
        2. 平行四辺形,台形,ひし形について知り,それらをかいたり,作ったり,平面上で敷き詰めたりすること。
        3. 基本的な図形の簡単な性質を見いだし,それを用いて図形を調べたり構成したりすること。
        4. 円周率の意味について理解すること。
    4. 数量関係
      1. 四則に関して成り立つ性質についてまとめる。
        1. 交換法則,結合法則や分配法則についての理解を深めること。
      2. 百分率の意味について理解し,それを用いることができるようにする。
      3. 目的に応じて資料を分類整理し,それを円グラフ,帯グラフを用いて表すことができるようにする。
      4. 簡単な式で表されている関係について,二つの数量の対応や変わり方に着日するなど,数量の関係の見方や調べ方についての理解を深める。
  3. 〔用語・記号〕
    平行 垂直 対角線 %
  4. 内容の取扱い
    1. 内容の「A数と計算」の(3)については,整数を整数で割って商が小数になる場合も含めるものとする。
    2. 内容の「A数と計算」の(3)のりについては,去の位までの小数の計算を取り扱うものとする。
    3. 内容の「A数と計算」の(4)のエについては,真分数と真分数との加法及びその逆の減法を取り扱うものとする。
    4. 内容の「�Tほと測定」の(1)のイ及び「C図形」の(1)のエについては,円周率としては3.14を用いるが,目的に応じて3を用いて処理できるよう配慮するものとする。
    5. 内容の「C図形」の(1)のりについては,三角形など多角形の角の大きさの和について調べることなどを取り扱うものとする。
    6. 内容の「D数量関係」の(2)については,歩合の意味について簡単に触れるものとする。

個別ページ

カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

サイトMENU

Copyright (C) 2006 J-Education.net. All Rights Reserved.