J-Education Top > 小学校学習指導要領 > 第3節 算数 >  第2各学年の目標及び内容〔第6学年)

第2各学年の目標及び内容〔第6学年)

  1. 目標
    1. 分数の加法及び減法についての理解を深め,適切に用いることができるようにするとともに,分数の乗法及び除法の意味について理解し,それらの計算の仕方を考え,適切に用いることができるようにする。
    2. 体積の意味について理解し,簡単な立体図形の体積を求めることができるようにするとともに,速さの意味などについて理解し,それらを求めることができるようにする。
    3. 図形を構成要素及びそれらの位置関係に着目して考察し,基本的な立体図形についての理解を深めることができるようにする。
    4. 比や比例の意味について理解し,数量の関係の考察に関数の考えを用いることができるようにする。
  2. 内容
    1. 数と計算
      1. 整数の性質についての理解を一層深める。
        1. 約数,倍数について知ること。
      2. 分数についての理解を一層深めるとともに,異分母の分数の加法及び減法の意味について理解し,それらを適切に用いることができるようにする。
        1. ーつの分数の分子及び分母に同じ数を乗除してできる分数は,元の分数と同じ大きさを表すことを理解すること。
        2. 分数の相等及び大小について考え,大小の比べ方をまとめること。
        3. 異分母の分数の加法及び減法の計算の仕方を考え,それらの計算ができること。
      3. 分数の乗法及び除法の意味について理解し,それらを適切に用いることができるようにする。
        1. 乗数や除数が整数である場合の乗法及び除法の意味について理解すること。
        2. 乗数や除数が整数や小数の場合の計算の考え方を基にして,乗数や除数が分数である場合の乗法及び除法の意味について理すること。
        3. 分数の乗法及び除法の計算の仕方を考え,それらの計算ができること。
      4. 概数についての理解を一層深める。
        1. 目的に応じて,積,商を概数で見積もることができること。
    2. 量と測定
      1. 身近にある図形について,その概形をとらえ,およその面積などを求めることができるようにする。
      2. 体積の意味について理解し・簡単な場合について,体積を求めることができるようにする。
        1. 体積について単位と測定の意味を理解すること。
        2. 体積の単位(立方センチメートル(cm3))について知ること。
        3. 立方体及び直方体の体積の求め方を考え,それらを用いること。
      3. 異種の二つの量の割合としてとらえられる数量について,その比べ方や表し方を理解し,それを用いることができるようにする。
        1. 単位量当たりの考えなどを用いること。
        2. 速さの意味及び表し方について理解するとともに,速さの求め方を考え,それを求めること。
    3. 図形
      1. 図形についての観察や構成などの活動を通して,基本的な立体図形についての理解を深めるとともに,図形の構成要素及びそれらの位置関係に着目して考察ができるようにする。
        1. 立方体及び直方体について理解すること。
        2. 直方体に関連して,直線や平面の平行及び垂直の関係について理解すること。
        3. 三角柱,四角柱などの角柱及び円柱について知ること。
    4. 数量関係
      1. 簡単な場合について,比の意味を理解できるようにする。
      2. 伴って変わる二つの数量について,それらの関係を考察する能力を伸ばす。
        1. 比例の意味について理解すること。また,簡単な場合について,表やグラフを用いてその特徴を調べること。
      3. 平均の意味について理解し,それを用いることができるようにする。
    〔用語・記号〕
    最大公約数 最小公倍数 約分 通分 平面 底面 側面
  3. 内容の取扱い
    1. 内容の「A数と計算」の(1)のアについては,最大公約数及び最小公倍数を形式的に求めることに偏ることなく,具体的な場面に即して取り扱う程度とする。
    2. 内容の「A数と計算」の(2)のりについては,真分数と真分数との加法及びその逆の減法を取り扱うものとする。
    3. 内容の「A数と計算」の(3)については,帯分数を含む計算は取り扱わないものとする。
    4. 内容の「A数と計算」の(3)のイについては,乗数,除数が単位分数など簡単な場合を取り扱うものとする。
    5. 内容の「B量と測定」の(2)のイについては,立方メートル(m3)の単位についても簡単に取り扱うものとする。
    6. 内容の「C図形」の(1)のアについては,適宜簡単な見取図や展開図をかくことができるよう配慮するものとする。
    7. 内容の「C図形」の(1)のりについては,展開図,立面図及び平面図は取り扱わないものとする。
    8. 内容の「D数量関係」の(1)については,具体的な場面を通して数量の関係を調べ,等しい比があることを理解する程度とするとともに,比の値は取り扱わないものとする。

個別ページ

カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

サイトMENU

Copyright (C) 2006 J-Education.net. All Rights Reserved.