J-Education Top > 小学校学習指導要領 > 第1章 総則 >  第4 授業時数等の取扱い

第4 授業時数等の取扱い

  1.  各教科,道徳,特別活動及び総合的な学習の時間(以下「各教科等」という。ただし,1及び3において,特別活動については学級活動(学校給食に係るものを除く。)に限る。)の授業は,年間35週(第1学年については34週)以上にわたって行うよう計画し,過当たりの授業時数が児童の負担過重にならないようにするものとする。ただし,各教科等や学習活動の特質に応じ効果的な場合には,これらの授業を特定の期間に行うことができる。なお,給食,休憩などの時間については,学校において工夫を加え,適切に定めるものとする。
  2.  棒別活動の授業のうち,児童会活動,クラブ活動及び学校行事については,それらの内容に応じ,年間,学期ごと,月ごとなどに適切な授業時数を充てるものとする。
  3.  各教科等のそれぞれの授業の1単位時間は,各学校において,各教科等の年間授業時数を確保しつつ,児童の発達段階及び各教科等や学習活動の特質を考慮して適切に定めるものとする。
  4.  各学校においては,地域や学校及び児童の実態,各教科等や学習活動の特質等に応じて,創意工夫を生かし時間割を弾力的に編成することに配慮するものとする。

個別ページ

カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

サイトMENU

Copyright (C) 2006 J-Education.net. All Rights Reserved.