J-Education Top > 小学校学習指導要領 > 第7節 図画工作 >  第2 各学年の目標及び内容〔第1学年及び第2学年〕

第2 各学年の目標及び内容〔第1学年及び第2学年〕

  1. 目標
    1. 表したいこと,つくりたいものを自分の表現方法でつくりだす喜びを味わうようにする。
    2. 材料をもとにした造形活動を楽しみ,豊かな発想をするなどして,体全体の感覚や技能などを働かせるようにする。
    3. かいたり,つくったりしたものなどを見ることに関心をもち,その楽しさを味わうようにする。
  2. 内容
    1. 表現
      1. 材料をもとにして,楽しい造形活動をするようにする。
        1. 身近な自然物や人工の材料の形や色などに関心をもち,体全体の感覚を働かせて,思い付いたことを楽しく表すこと。
        2. 土,木,紙など扱いやすい材料を使い,それらを並べる,つなぐ,積むなど体全体を働かせて造形遊びをすること。
      2. 感じたことや想像したことなどを絵や立体に表したり,つくりたいものをつくったりするようにする。
        1. 表したいことを進んで見付け,好きな色を選んだり,いろいろな形をつくって楽しんだり,つくり方を考えるなどしながら思いのままに表すこと。
        2. 表したいことに合わせて,粘土,厚紙,クレヨン,パス,はさみ,のり,簡単な小刀類などの身近な材料や扱いやすい用具を手を働かせて使い,絵や立体に表したり,つくりたいものをつくったりすること。
    2. 鑑賞
      1. かいたり,つくったりしたものを見ることに関心をもつようにする。
        1. 自分たちの作品の形や色,表し方の面白さなどに気付くなどして,見ることに関心をもつようにすること。
        2. 身近な材料に触れ,その感じについて話したり,友人の作品の表したかった気持ちを聞いたりするなどして楽しく見ること。

個別ページ

カテゴリ:

同じカテゴリの記事一覧:

サイトMENU

Copyright (C) 2006 J-Education.net. All Rights Reserved.