J-Education Top > 子どものための栄養学 > 野菜 >  ブロッコリー

ブロッコリー

ブロッコリーはその味覚のみならず、大変栄養的に優れた野菜です。

ブロッコリーにはガン予防・風邪予防に欠かせない、またお母様の美容にも効果的なビタミンCがレモンの約2倍程度含まれています。さらにブロッコリーにはカロチン(ビタミンA)、ビタミンB郡、リン、カリウム、食物繊維などもたっぷり含んでおり、皮膚や粘膜の抵抗力を強める、血糖値を正常に保つ、便秘の改善などさまざまな健康に役立つ効果があります。

またブロッコリーには、ビタミンの一種である葉酸が他の食材に比べ非常に多く含まれています。葉酸は細胞が分裂して増殖する過程や造血に必要不可欠なビタミンで、貧血予防、動脈硬化の予防効果があります。

一般的に、ブロッコリーは花蕾(からい)というつぼみの集まった部分を食べていますが、茎や葉の部分にも栄養がたくさん含まれていますので、捨てずに食べていただきたいものです。

ブロッコリーの料理法は、さっと茹でてドレッシングやマヨネーズをかけて食べるのが、いちばん手軽です。しかしブロッコリーを長く茹でるとせっかくのビタミンCがこわれてしまうので、多少歯ごたえがあるくらいに、かために茹でるとよいでしょう。

  • カルシウムが38mg
  • 鉄が1.0mg
  • カリウムが360mg
  • 葉酸が210μg
  • ビタミンB1が0.14mg
  • ビタミンB2が0.2mg
  • ビタミンCが120mg
  • b.glen ビーグレン 毛穴 けあな スキンケア クレイ洗顔 保水力 たるみ 黒ずみ

    カテゴリ:

    同じカテゴリの記事一覧:

    サイトMENU

    Copyright (C) 2006 J-Education.net. All Rights Reserved.