J-Education Top > 子どものための栄養学 > 根菜類 >  にんじん(人参)

にんじん(人参)

にんじんは、代表的な緑黄食野菜であり、良く知られる栄養素としてβ-カロチンが挙げられる。
β-カロチンは、免疫力を活性化し、風邪を予防する効果があります。活性酸素の働きを抑制しガンを予防します。また、β-カロチンは、体内で必要なだけビタミンAに変化します。

ビタミンAは、眼精疲労を和らげる作用がありドライアイなどを防いでくれます。そのほか、皮膚や粘膜を健康に保つ働きや、肌・皮膚がカサカサになるのを防ぎ、潤いを与えてくれるビタミンです。

これらの他にも、にんじんには、ビタミンB1・Cなどのビタミン群、カリウム・鉄・カルシウムなどのミネラル成分もバランス良く含まれており、また便通を促し、コレステロールや体の毒素を排出する働きがある食物繊維も豊富に含んでいます。

にんじんは、約1/2本で1日に必要なビタミンAが摂れます。サラダや煮付け、炒め物など何にでも使いやすい野菜です。

  • カロチンが7,300μg
  • ビタミンAが4,100IU
  • カリウムが400mg
  • 食物繊維が2.4g
  • b.glen ビーグレン 毛穴 けあな スキンケア クレイ洗顔 保水力 たるみ 黒ずみ

    カテゴリ:

    同じカテゴリの記事一覧:

    サイトMENU

    Copyright (C) 2006 J-Education.net. All Rights Reserved.