かに(蟹)

かには日本人には人気の食材です。かには、他の魚と比べても、高タンパク、低カロリーで、良質のタンパク質を15〜20%も含み、脂質や糖分はほとんど含みません。

かにをゆでると赤くなるのは、強い抗酸化作用を持つアスタキサンチンというカロチン色素のためで、カロチンは摂取すると体内でビタミンAに変わります。ビタミンAは疲れ肉体を作り、また動脈硬化やがんの予防、老化を抑えるなどの効果があるといわれています。

カニには、アミノ酸の一種のタウリンが豊富に含まれており、タウリンは、血圧を正常にし、心肺機能の強化、貧血の予防、悪玉コレステロールの減少に効果があるといわれています。また、肝臓の強化、胆石や動脈硬化の予防、疲労回復や視力の向上、生活習慣病(成人病)の予防とされ、子どもたちのみならず成人にも健康的な食材といえます。

またかにの殻は、カルシウムが豊富で、殻ごと食べられる沢がになどは、骨や歯を育てる効果的なカルシウム源となります。

さらにかにの殻には、キチンやキトサンといったキチン質が大量に含まれています。かにに含まれるキチン質は、体の自然治癒力を高める、免疫力の増強、血圧を下げる、などの作用があります。また、血中コレステロールを下げる作用も確認され、ガン、肝炎、アレルギー疾患、糖尿病、腎臓病、心臓疾患、白内障、神経痛などに効果があり、生活習慣病が気になるご家族にもおすすめの食材です。

  • ビタミンB1が0.05mg
  • 銅が1,100μg
  • 亜鉛が3.7mg
  • b.glen ビーグレン スキンケア 毛穴 けあな クレイ洗顔 保水力 たるみ 黒ずみ

    カテゴリ:

    同じカテゴリの記事一覧:

    サイトMENU

    Copyright (C) 2006 J-Education.net. All Rights Reserved.