J-Education Top > 子どものための栄養学 > 根菜類 >  大根(だいこん)

大根(だいこん)

大根の根にはアミラーゼという、でんぷん分解酵素が多く含まれ、でんぷんの消化を促進し、胃もたれ、胃酸過多、二日酔い、胸やけにとても効果的であります。子どもたちはもちろん、お酒を呑むお父様にはぜひ食べていただきたい食材です。

大根はその皮にビタミンCとビタミンPを多く含みます。ビタミンPは毛細血管を強くする作用があります。

また、大根の葉には、ビタミンC、カロチン、カルシウムなどが豊富で優秀な緑黄色野菜と言えます。

大根の料理方法としては、大根おろし、味噌汁の具として、サラダ、大根の田楽など幅広く使えるため、毎日の生活の中に大根を食べる習慣を身につけ、食卓には常に大根がある環境を作ると子どもたちも自然と食べるようになるでしょう。

  • カルシウムが23mg
  • 鉄が0.2mg
  • カリウムが230mg
  • ビタミンB1が0.02mg
  • ビタミンB2が0.01mg
  • ビタミンCが11mg
  • モデダイ 現役モデル ファッションモデル ダイエット:モデダイ2

    カテゴリ:

    同じカテゴリの記事一覧:

    サイトMENU

    Copyright (C) 2006 J-Education.net. All Rights Reserved.