子どものための栄養学 TOP > 毒素を封じ込める食材

毒素を封じ込める食材

タマネギなどネギ類やニンニクなどに含まれる臭い成分『硫化アリル』は有害ミネラルを包み込んで体内吸収を防ぐ作用があると言われています。

硫化アリルは水にさらすと流れてしまいます。辛みを和らげる場合は酢などを利用します。 また効果は切ってから1時間後くらいが効果的と言われています。

硫化アリルとは

硫化アリルはタマネギやニンニクの刺激臭や辛みの原因となっている成分です。血液中の脂質を減らしたり、血液をさらさらにする作用があります。

硫化アリルはビタミンB1の吸収を促進します。豚肉などと一緒に摂れば新陳代謝が活発になります。

ただし、ニンニクの摂り過ぎは貧血や胃腸への負担となりますので注意してください。

食材の例

ニンニク、ネギ、タマネギ、ニラ、らっきょう、あさつき、エシャロット、etc...

効果

風邪、がん、血行促進、抗炎症作用、高血圧、動脈硬化、糖尿病、疲労回復、不眠症、etc...

サイトMENU

Copyright (C) 2006 J-Education.net. All Rights Reserved.