J-Education Top > 子どものための栄養学 > 豆類 >  枝豆(えだまめ)

枝豆(えだまめ)

枝豆は大豆の未熟豆のことで、豆と野菜の両方の栄養的特徴を持った緑黄色野菜です。その特徴から枝豆にはタンパク質、ビタミンB1、ビタミンB2、カルシウム、食物繊維、鉄分などが豊富に含まれています。

ビタミンB1は糖質がエネルギーに変わる際、体内で疲労物質に変わるのを防ぎ、新陳代謝を促し、疲労を解消します。

食物繊維は便秘の改善に、鉄分は悪性貧血の予防に効果があります。

また枝豆には、大豆には含まれていないビタミンA、ビタミンCも含みます。枝豆のタンパク質に含まれるメチオニンはビタミンB1、ビタミンCと共にアルコールの分解を助け、飲み過ぎや二日酔いを防止する働きがあります。夏場に好んでビールのつまみとして食べられるのはこのような理由からだと思われます。

さらに枝豆には、高血圧の原因となるナトリウム(塩分)の排出を助け、利尿作用を促すカリウムを多く含んでおり、体内の水分量を調節し、むくみの解消にもカリウムは効果的に働きます。

夏の暑さによる食欲不振から来る栄養不足の解消に、夏バテの予防に、ぜひ枝豆を効果的に摂りたいものです。

  • カルシウムが58mg
  • カリウムが590mg
  • カロチンが260μg
  • ビタミンB1が0.31mg
  • ビタミンB2が0.15mg
  • ビタミンCが27mg
  • プエラリアミリフィカ バストアップ&豊胸 サプリメント:レディーズプエラリア99%シスター

    カテゴリ:

    同じカテゴリの記事一覧:

    サイトMENU

    Copyright (C) 2006 J-Education.net. All Rights Reserved.