J-Education Top > 子どものための栄養学 > 野菜 >  白菜(はくさい)

白菜(はくさい)

白菜の栄養成分はキャベツと似ています。キャベツとの違いは、糖質が少なくカロリーが低いので、肥満気味の子どもにも最適な食材とも言えます。白菜の主成分は水分ですが、様々な栄養素が微量ながらバランス良く含まれています。

白菜に含まれる栄養素はビタミンCやミネラルであるカリウム、カルシウム、マグネシウムなどですが、その他にアブラナ科(大根、かぶなど)の辛味成分であるイソチオシアネートなども含まれています。
イソチオシアネートは、消化をたすける作用があります。

これらの栄養成分から白菜は風邪の予防、便秘の改善などを助けます。またお母様の美肌効果にも有効で、動脈硬化やガンの予防などにも効果的です。

白菜の代表的調理法に塩を多量に使う漬けものがあります。塩分は血圧が上がるといわれていますが、白菜漬けの場合には、白菜に含まれるカリウムがナトリウム(塩分)を排泄するため、実際よりは塩分を摂りすぎないようです。

  • ビタミンCが22mg
  • 食物繊維が1.1mg
  • カリウムが230mg
  • カルシウムが35mg
  • プエラリア高含有クリーム バストアップ 豊胸 :プエラリア高含有クリーム フィロⅡ

    カテゴリ:

    同じカテゴリの記事一覧:

    サイトMENU

    Copyright (C) 2006 J-Education.net. All Rights Reserved.