いちご

苺(いちご)はビタミンCを多く含む果物の代表です。イチゴに含まれるビタミンCは、苺100g中50〜100mgと、レモンを遙かに上回る量が含まれています。この量は果物の中ではトップレベルでしょう。中程度の大きさのいちごを7〜8粒食べれば、1日のビタミンC必要量を十分摂ることができます。

ビタミンCはウィルスや細菌に対する抵抗力をつけ風邪を予防、近年ガンを予防する栄養素としても注目されています。また、鉄分を吸収するのを助けるはたらきもあります。

運動量の多い子どもたちは、ビタミンCを消耗しやすいため、積極的に摂りたいものです。

加えて、ビタミンCは肌・皮膚を若々しく保つ美肌効果もあります。
ビタミンCは、コラーゲンの生成を促し、しわを予防する作用や、メラニンの生成を抑えシミを予防する働きもありますので、肌の悩みを抱えている成人にもおすすめの栄養素です。

また苺には、下痢や便秘を防ぐなど整腸作用を持つ水溶性の食物繊維ペクチン、体内に蓄積されたナトリウム(塩分)の排泄を促すカリウム、虫歯予防効果があるキシリトール、さらにビタミン・ミネラルなどをバランス良く含んでいます。

イチゴはジャムやジュースにするなど、加工してもおいしくいただけます。健康維持にぜひ摂りたい食品です。

  • ビタミンCが80mg
  • 食物繊維が1.4g
  • カリウムが200mg
  • ビタミンB1が0.02mg
  • ビタミンB2が0.03mg
  • 鉄が0.4mg
  • b.glen ビーグレン 毛穴 けあな スキンケア クレイ洗顔 保水力 たるみ 黒ずみ

    カテゴリ:

    同じカテゴリの記事一覧:

    サイトMENU

    Copyright (C) 2006 J-Education.net. All Rights Reserved.