J-Education Top > 子どものための栄養学 > 魚介類 >  いわし(鰯)

いわし(鰯)

いわしは子どもの成長に書かせない栄養素が多く含まれています。

イワシには、歯や骨の素となるカルシウムと、そのカルシウムの吸収を助けるビタミンDの両方含まれています。また、いわしは細胞を再生したり健康な皮膚や髪をつくるのに必要なビタミンB2も多く含み成長期の子供はぜひ摂りたい食材です。

さらに鰯には、EPAやDHAといった不飽和脂肪酸が、青背の魚の中で最も多く含まれています。これらは血中のコレステロールや中性脂肪を減らす働きや、脳の働きを良く効果があります。

そのほかいわしは、コレステロールの代謝促進や肝臓強化に優れた効果を発揮することで話題のタウリン、貧血を予防する鉄分、その他に亜鉛やカリウムなども豊富に含み、子どもたちのみならず家族揃って摂りたい食材です。

ただし、イワシに含まれるEPAやDHAなどの脂肪酸は、非常に酸化されやすいので、酸化を防ぐ働きのあるβ-カロチン、ビタミンC・Eなどの抗酸化ビタミンを含む食材と一緒に摂ると効率よく摂取できます。

  • DHAが1.1g
  • EPAが1.4g
  • 鉄が1.7mg
  • カリウムが340mg
  • カルシウムが70mg
  • ビタミンB2が0.36mg
  • ビタミンDが390IU
  • b.glen ビーグレン 大人のにきび ニキビケア トライアル

    カテゴリ:

    同じカテゴリの記事一覧:

    サイトMENU

    Copyright (C) 2006 J-Education.net. All Rights Reserved.