小麦胚芽

小麦胚芽は小麦粒の端にある小さな胚芽のことです。小麦の発芽の際に幼根や子葉となる、いわば生命力の中心となる重要な部分です。そのため、貴重な栄養成分が集中しています。

小麦胚芽に含まれる栄養素は、ビタミンE、ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンB6などのビタミン類、カルシウム・鉄・マグネシウムなどのミネラル類など、食物繊維も豊富です。

ビタミンEは持久力を高め、皮膚の代謝を助ける働きがあります。

食物繊維は、腸に作用し、排便を促進します。

そのほか、骨や歯の発育を促進する、貧血予防効果などが挙げられます。

通常小麦胚芽は、粉末や小麦胚芽油として店頭に並んでいるので、料理に混ぜたり加えたりと簡単に利用できます。育ち盛りの子どもたちには、ぜひ摂っていただきたいおすすめの食材である。

  • 食物繊維が14.3g
  • カルシウムが42mg
  • ビタミンEが32mg
  • ビタミンB1が1.8mg
  • ビタミンB6が1.2mg
  • b.glen ビーグレン 大人のにきび ニキビケア トライアル

    カテゴリ:

    同じカテゴリの記事一覧:

    サイトMENU

    Copyright (C) 2006 J-Education.net. All Rights Reserved.