牛乳

牛乳1本(200ml)で成人が1日に必要な栄養所要量のうち、カルシウムは34%、成長ビタミンといわれるビタミンB2は25%摂取できる、非常に優れた食材です。その他にも良質なタンパク質が10%程度含まれています。
このように牛乳は栄養バランスの改善に最適な食品です。

牛乳は他の食品と比較してもカルシウムが非常におおく、そのうえ吸収率は断然に高く有効に摂取できます。 カルシウムは丈夫な骨や歯の成長に必要で、また、牛乳のタンパク質は、全ての必須アミノ酸が、いずれも望ましいとされる割合以上に含まれています。そのため牛乳は人体で有効に利用される良質なタンパク源と言っても過言ではないでしょう。

また牛乳に多く含まれている乳糖は、オリゴ糖・食物繊維と同様に善玉菌の栄養になり、腸内の悪玉菌を減らし、腸内細菌のバランスを整える働き(整腸作用)があります。

  • カルシウムが110mg
  • ビタミンAが39μg
  • ビタミンB1が0.04mg
  • ビタミンB2が0.15mg
  • リンが93mg
  • カリウムが150mg
  • 究極の若返りサプリ!プラセンタ 卵殻膜 ヒアルロン酸 :ホワイテックスmini

    カテゴリ:

    同じカテゴリの記事一覧:

    サイトMENU

    Copyright (C) 2006 J-Education.net. All Rights Reserved.