J-Education Top > 子どものための栄養学 > 根菜類 >  ながいも(長芋)

ながいも(長芋)

ながいも(長芋)には、亜鉛やカリウム、鉄などのミネラル成分、ビタミンB群・Cなど栄養成分がバランス良く含まれています。さらにアミラーゼやジアスターゼ、ウレアーゼ、オキシターゼなど多くの消化酵素も含んでいます。

ながいもは、これら栄養素や消化酵素の働きにより、中国では古くから漢方薬として利用されています。特に消化促進作用にすぐれており、滋養強壮効果も高いとされています。

また、食物繊維の一種で、ながいも独特のぬめり成分である『ムチン』は、細胞を活性化させる働きがあり、便秘の改善、疲労回復、新陳代謝の促進、老化の予防、肌荒れ、ダイエットに効果があるといわれています。

ながいもは、すりおろしてトロロにしたり、刻んでサラダ風に食べたりするのが一般的です。沢山食べても、その消化作用により胃にもたれず、栄養を多く摂れ、また比較的低カロリ−であることも見逃せません。

  • 亜鉛が310mg
  • 鉄が0.4mg
  • カリウムが430mg
  • ビタミンB1が0.1mg
  • ビタミンCが6mg
  • 食物繊維が1.0g
  • プエラリア高含有クリーム バストアップ 豊胸 :プエラリア高含有クリーム フィロⅡ

    カテゴリ:

    同じカテゴリの記事一覧:

    サイトMENU

    Copyright (C) 2006 J-Education.net. All Rights Reserved.