J-Education Top > 子どものための栄養学 > 野菜 >  なす(茄子、ナス、なすび)

なす(茄子、ナス、なすび)

茄子(なす)は、ビタミンB群・Cなどのビタミン、カルシウム・鉄分・カリウムなどのミネラル成分、食物繊維などをバランス良く含んでいる夏野菜です。

なすは、これらの栄養成分により生体調節機能が優れていると言われ、特に豊富に含まれる食物繊維は、便秘を改善し大腸がんを予防したり、血糖値の上昇を抑え、糖尿病や肥満を防ぐ効果があります。

またなすびには、皮に紫黒色の色素「アントシアニン」、一般になすのアクと呼ばれる「クロロゲン酸」などの抗酸化成分『ポリフェノール』が含まれています。これらの成分は、体の老化を防ぐ、動脈硬化の予防、がんの発生・進行を抑制するなどの作用があります。

  • カルシウムが23mg
  • 鉄が0.2mg
  • カリウムが230mg
  • ビタミンB1が0.02mg
  • ビタミンCが11mg
  • 食物繊維が2.2mg
  • ニキビケア ビタミンC誘導体 :セラ VCローション

    カテゴリ:

    同じカテゴリの記事一覧:

    サイトMENU

    Copyright (C) 2006 J-Education.net. All Rights Reserved.