J-Education Top > 子どものための栄養学 > その他の食材 >  なっとう(納豆)

なっとう(納豆)

納豆は、大豆を主原料とし納豆菌の作用で発行させた加工食品です。なっとうには、人体に不可欠な必須アミノ酸群がバランス良く含まれており、ビタミンB2・E・Kなどのビタミン群、カリウム・亜鉛・カルシウム・鉄などのミネラル成分、食物繊維など栄養素も非常に豊富です。

納豆菌は胃酸にも消化されずに腸までたどり着きます。腸まで到達した納豆菌は善玉菌の増殖を助けて整腸作用をもたらし、便通を改善します。悪玉菌がつくる腐敗産物の生成も減らしますから、肝臓の負担も軽くします。

そのほか納豆の栄養素の効果は、整腸作用、便通促進、疲労回復、滋養強壮、コレステロールの代謝を促す、免疫力アップ効果、活性酸素の働きを抑え体の老化やがんを防ぐ、肌や皮膚を若々しく保つ、などがあります。

納豆は3000〜4000年前の縄文時代には食べられていたとされています。奈良時代には日本人の食事に定着した歴史のある食材です。

  • 食物繊維が2.3g
  • カルシウムが90mg
  • 鉄が3.3mg
  • カリウムが660mg
  • ビタミンB2が0.56mg
  • ビタミンKが870μg
  • イソフラボンが100mg
  • b.glen ビーグレン しわ シワ たるみ対策 アンチエイジング トライアル ビバリーグレン

    カテゴリ:

    同じカテゴリの記事一覧:

    サイトMENU

    Copyright (C) 2006 J-Education.net. All Rights Reserved.