J-Education Top > 子どものための栄養学 > 魚介類 >  かき(カキ、牡蠣)

かき(カキ、牡蠣)

別名:「海のミルク」とも呼ばれるかき(牡蠣)は、海の幸を凝縮させた栄養豊かな食材です。

かきに含まれる栄養成分は、鉄、カルシウム、銅、亜鉛などのミネラル類が多く、ビタミンA・B1・B2・B12などのビタミン類も豊富に含まれています。

また、多くの貝類と同様に、カキにもアミノ酸の一種タウリンが多く含まれています。タウリンには、血圧や血中のコレステロール値を下げる効果があり、高血圧症や、動脈硬化の防止に役立つといわれています。

ヨーロッパではかきは、単に美味しいというだけでなく、スタミナ増強の食品として古くから食べられています。動脈硬化・肝臓病・心臓病などの生活習慣病(成人病)予防、神経過敏症、精力減退に、視力回復にも有効といわれています。

b.glen ビーグレン 部分痩せ 部分やせ 下半身痩せ 下半身やせ セルライト対策
  • 鉄分が3.6mg
  • カルシウムが55mg
  • ビタミンB1が0.16mg
  • ビタミンB12が38.9μg
  • カテゴリ:

    同じカテゴリの記事一覧:

    サイトMENU

    Copyright (C) 2006 J-Education.net. All Rights Reserved.