J-Education Top > 子どものための栄養学 > 果実 >  パイナップル

パイナップル

パイナップルは、香りがよく果汁を多く含み、さわやかな酸味と甘味をもつ果物として人気があります。パイナップルは生食用のほか、ジャム・缶詰・ジュースなどの加工食品としても入手することができます。

パイナップルは、糖質の分解を助け、代謝を促すビタミンB1を多く含み、さらにビタミンB2やC、クエン酸なども含みます。これらは疲労回復や夏バテ、老化防止などに効果があります。またパイナップルには、肉を柔らかくしたり、消化を助けるタンパク質分解酵素のブロメリンが含まれています。パイナップルを肉料理につけ合わせたり調理に使用すると、肉の消化がされやすくなります。また胃液の分泌を活発化、消化を促進します。

さらに、パイナップルには食物繊維も豊富に含まれています。食物繊維は便通を促進し、コレステロールや体の毒素を排出する作用により、大腸がん、動脈硬化、高血圧を予防する働きがある。 また、胃や腸の中で水分を吸収して膨らみ満腹感を与えるため、食べ過ぎを防ぎ、ダイエットに効果的となっています。

パイナップルは、しっかり熟した状態のものを食べるようにしましょう。あまり熟していないものを食べると消化不良を起こしやすく、口の中が荒れてしまうことがあるので注意してください。

b.glen ビーグレン スキンケア 毛穴 けあな クレイ洗顔 保水力 たるみ 黒ずみ
  • ビタミンB1が0.14mg
  • ビタミンB2が0.03mg
  • ビタミンCが27mg
  • 食物繊維が1.7g
  • カリウムが100mg
  • カテゴリ:

    同じカテゴリの記事一覧:

    サイトMENU

    Copyright (C) 2006 J-Education.net. All Rights Reserved.