J-Education Top > 子どものための栄養学 > 魚介類 >  まぐろ(鮪)

まぐろ(鮪)

マグロは日本人には人気ナンバーワンの魚です。一般的にマグロといって流通しているものはクロマグロ(ホンマグロ)やミナミマグロ(インドマグロ)、マバチマグロなど、種類は豊富です。

まぐろの赤身は豊富なタンパク質を含んでいます。

さらにマグロの血合い部分にはコレステロールの代謝促進や肝臓強化に優れた効果を発揮することで話題のタウリン、疲れにくいからだをつくり・血行促進・美肌作り・肩こり・腰痛に効果があるビタミンE、貧血の予防に効果的に作用する鉄が多く含まれている。

トロには良質な脂質が多く含まれ、動脈硬化を防ぐEPA(エイコサペンタエン酸)やビタミンA・D・Eが赤身よりも多く含まれています。

またマグロは、脳の機能を高め、学習・記憶能力の向上や痴呆症の予防にもなるDHA(ドコサヘキサエン酸)の含有量が非常に多いことでも知られています。

これらEPAやDHAなどの脂肪酸は、動脈硬化・脳梗塞・心筋梗塞・糖尿病など生活習慣病(成人病)の予防効果があるとされています。

またマグロは無駄のない魚であり、きめ細かく淡白な赤身、腹の霜降り部分がトロ、そのトロも一尾に数%しか摂れない大トロとそれよりは脂肪分の少ない中トロにわけられます。

  • EPA(エイコサペンタエン酸)が27mg
  • DHA(ドコサヘキサエン酸)が115mg
  • カルシウムが5.0mg
  • ビタミンDが210IU
  • モデダイ 現役モデル ファッションモデル ダイエット:モデダイ2

    カテゴリ:

    同じカテゴリの記事一覧:

    サイトMENU

    Copyright (C) 2006 J-Education.net. All Rights Reserved.